八戸港に水揚げされる魚

近海スルメイカ(生)20入
近海スルメイカ(生)20入
小型いか釣漁業の生スルメイカ。氷の上に並べられた通常の大きさ(20入)です。1ケース約5kgです。
近海スルメイカ(生)12入
近海スルメイカ(生)12入
小型いか釣漁業の生スルメイカ。大きめのサイズの(12入)です。
船凍スルメイカ(ブロック)
船凍スルメイカ(ブロック)
中型いか釣漁業の船内凍結のスルメイカ。1ケース約8kgです。
船凍スルメイカ(IQF)
船凍スルメイカ(IQF)
中型いか釣漁業の船内凍結のスルメイカ。ダンボール入り一本凍結、これも約8kです。
船凍アカイカ耳取り
船凍アカイカ 耳取り
中型いか釣漁業の船内凍結のアカイカ。身の部分を開き、耳を取った物です。
船凍アカイカ 軟骨
船凍アカイカ 軟骨
中型いか釣漁業の船内凍結のアカイカ。足の付け根の部分(目のある所)です。
アメリカオオアカイカ 耳取り
アメリカオオアカイカ 耳取り
以前は日本の船がペルー沖で漁獲していましたが、現在は輸入物だけとなりました。身の部分を開き、耳を取った物です。
アメリカオオアカイカ 足
アメリカオオアカイカ 足
足の部分です。
サバ(生)
サバ(生)
まき網船が漁獲した物です。道東沖や北部太平洋海区で漁獲され、秋からは粗脂肪分が多くなり、ブランド化を図って”八戸前沖サバ”として売り出しています。
サバ(船凍)
サバ(船凍)
生サバと同じ漁法、海区で漁獲されたものですが、船内で急速冷凍されたもです。写真のサイズはLサイズで、1匹1kg位の重量があります。
カタクチイワシ(セグロ)
カタクチイワシ(セグロ)
前沖で小型まき網船が漁獲します。地元ではセグロイワシと言います。煮干の原料になります。
マイワシ
マイワシ
以前は大量に漁獲されましたが、平成になってからは資源が激減しましたが、ここ数年回復傾向にあると言われています。
ヤリイカ
ヤリイカ
主に中型底曳網船が漁獲しています。
サケ(シロザケ)
サケ(シロザケ)
定置網や刺網で漁獲されます。
ヒラメ
ヒラメ
ヒラメは青森県の魚です。カレイ類と違い目が左側に付いています。
マコガレイ(クロガシラ)
マコガレイ(クロガシラ)
クロガシラとも呼ばれます。
ババガレイ(ナメタ)
ババガレイ(ナメタ)
主に中小型底曳網船が漁獲します。地元ではナメタと言い、子持ちのナメタは高値で取引きされます。
ムシガレイ(サイベ)
ムシガレイ(サイベ)
主に中小型底曳網船が漁獲します。地元ではサイベと言います。
ヒレグロ(オイランガレイ)
ヒレグロ(オイランガレイ)
主に中小型底曳網船が漁獲します。干しガレイは絶品です。
ヌマガレイ(カワガレイ)
ヌマガレイ(カワガレイ)
カレイの中では珍しく目が左側に付いています。ヒレの縞模様が特徴です。
サメガレイ
サメガレイ
中主に中小型底曳網船が漁獲します。
アカガレイ
アカガレイ
主に中小型底曳網船が漁獲します。
マツカワ
マツカワ
漁獲量が少なく、高価なカレイです。 似た魚にホシガレイがいます。
マゾイ
マゾイ
キツネメバルとタヌキメバルの総称です。ソイ類には他にクロソイも多く漁獲されます。
キチジ
キチジ
地元ではキンキンと言います。
バラメヌケ(ガマメヌケ)
バラメヌケ(ガマメヌケ)
地元ではガマメヌケと言います。
サンコウメヌケ(キンメ)
サンコウメヌケ(キンメ)
地元ではキンメと言います。
マダラ
マダラ
主に中小型底曳網船が漁獲します。
ウスメバル
ウスメバル
津軽地方ではブランド化に取組んでいる魚です。
ケムシカジカ
ケムシカジカ
地元ではサルカジカといいます。
アンコウ
アンコウ
主に中小型底曳網船が漁獲します。
ホッケ
ホッケ
主に中小型底曳網船が漁獲します。最近はほとんど獲れなくなりました。
アイナメ(アブラメ)
アイナメ(アブラメ)
秋の産卵シーズンのオスはきれいな黄色になります。
アブラボウズ
アブラボウズ
地元ではアブラボーと言います。
カナガシラ
カナガシラ
主に中小型底曳網船が漁獲します。
ウマズラハギ
ウマズラハギ
定置網で漁獲されます。
毛ガニ
毛ガニ
底曳網漁業で漁獲されます。
ヒラツメガニ(ヒラガニ)
ヒラツメガニ(ヒラガニ)
刺網漁で漁獲されます。
トゲクリガニ
トゲクリガニ
刺網漁で漁獲されます。
ガザミ(ワタリガニ)
ガザミ(ワタリガニ)
少量ですが、刺網漁で漁獲されます。
ウバガイ(ホッキ貝)
ウバガイ(ホッキ貝)
冬の貝の王様といわれています。最近は噴流式マンガンで、貝にキズを付けないように漁獲します。
シライトマキバイ(マキツブ)
シライトマキバイ(マキツブ)
地元ではマキツブと言います。
マボヤ
マボヤ
夏にかけて旬になります。
アワビ
アワビ
潜水漁業で漁獲されます。
八戸みなと漁業協同組合